矯正歯科

歯が不揃いだったり、上下のアゴの歯ならびがお互いに噛み合わない状態を、医学的には「不正咬合」と呼びます。
矯正歯科とは、これらの不正咬合をきちんと噛み合う状態きれいな歯ならびにする歯科治療です。

矯正歯科しかし、正常な咬合にするために、歯を削ったり、抜いて「差し歯」にすることは、基本的にはありません。
専用の矯正装置を用いて、歯やアゴの骨に力をかけてゆっくりと動かし、歯ならびと噛み合わせを時間をかけて治していきます。

不正咬合の主な症状は、出っ歯、すきっ歯、受け口、開咬、叢生、過蓋咬合などがあります。

  • 「上顎前突」
    上顎が飛び出した出っ歯
  • 「正中離開」
    真中の2本の歯が離れて隙間があいている様子
  • 「下顎前突」
    受け口とも呼ばれ、顎がしゃくれます。
  • 「開咬」
    奥歯を噛みあわせても前歯がかみ合わず口が開いた状態
  • 「叢生」
    ガタガタの歯並び。八重歯が可愛いとされるのは日本だけ。
  • 「過蓋咬合」
    上の歯が下の歯にかぶさり過ぎている状態。

 

不正咬合が及ぼす症状

不正咬合をそのままにしておくと、食べ物がよく(うまく)噛めない言葉が明瞭でなくなる虫歯になりやすい、歯槽膿漏になりやすい、口臭の原因になる、アゴの関節に負担をかける、歯を折ったり、ケガをしやすいなどの原因にもなります。
また、見た目はよい歯並びでも噛み合わせが悪いと、顎関節症等の原因になり、頭痛や肩こり、腰痛などを引き起こすことがあります。

CONTACTご予約・お問い合わせ
092-581-0796
24時間受付 WEB予約