インプラント

このようなお悩みはありませんか?

  • 治療が痛い・怖い
  • 骨量不足でインプラントはできないと言われた
  • 保証はあるのか不安
  • 過去にインプラントで失敗された

インプラントとは

インプラントとは失ってしまった自分の歯の替わりに人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して咬み合わせを回復する治療法です。
見た目も天然歯に近いため違和感がなく、固定性であるためガタついたりせず、周りの歯を削ることなく自分の歯のように噛めるようになります。

院長自身もインプラントをいれています

院長自身もインプラントをいれていますかさい歯科医院院長もインプラント治療を受け、しっかり噛めることを実感しております。
自身の体験もふまえインプラント治療について最善のアドバイスが出来ます。

かさい歯科のインプラント治療

インプラントかさい歯科医院のインプラント治療は、カウンセリングから診断、治療に関して、すべて院長が「安全な治療、正確な治療」にこだわっておこなっています。
患者さまに安全・安心な治療をご提供するために、骨の状況などを歯科用CTを用いて診断し、シミュレーションソフトで正確な埋入位置や深さ、角度などを事前に確認します。

インプラントの治療の流れ

一般的なインプラント治療の流れ

1.診査・診断・術前計画

治療計画を患者さんと術前に十分話し合います。
まず、歯科用CT、レントゲンによる十分な診断を行い、治療の計画についての説明を受けます。

診査・診断・術前計画
レントゲン写真を見てもらうと左から2本目の歯の根っこ部分がないことがわかります。
これは「ブリッジ」という歯科治療を行っている状態であり、イメージ図の通り、永久歯を失っております。
今回、この「ブリッジ」に変え、「インプラント」を行う、その流れを解説します。

 

2.インプラント埋入の手術

インプラント手術の中で最も重要な部分です。
歯が抜けた所へインプラントを埋入した後、あごの骨にしっかりと固定されるまで、3~6ヶ月待ちます。

インプラント埋入の手術
人工の歯根を埋入した状態です。イメージ図の通り、インプラントを埋めます。

 

3.人工の土台の取り付け

インプラントが骨にしっかり固定されているのを確認して土台を取り付けます。
インプラントによるしっかりとした土台をネジで固定します。

人工の土台の取り付け
人工の歯根の上に土台を固定します。イメージ図の通り、歯の根、歯の土台が出来上がりました。

 

4.人工歯の取り付け

土台にセラッミック冠をかぶせてインプラント治療が完了します。
土台の上に、人工の歯(セラミック冠)をかぶせます。

人工歯の取り付け

5.完了

アフターケアが長持ちのコツ。正しいブラッシングと定期的なメインテナンスを。
インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に1度は定期検診を受けて下さい。
かさい歯科医院ではインプラントを長くお使い頂く為の保障制度があります。
詳細はスタッフにご確認下さい。

 

骨吸収したインプラント治療の流れ

抜歯した後は、骨に穴が空いた状態となり、放っておくとその穴の周りの骨も吸収されて一緒に下がっていってしまいます。

骨吸収したインプラント治療の流れ

歯を抜いた時

歯を抜くと歯の周りの骨が吸収していきますので、抜歯と同時に骨補填材を歯が抜けたところに入れて骨吸収を防ぐソケットプリザベーションが必要になります。骨量が温存されインプラント埋入がスムーズに行えます

ソケットプリザベーション

歯を抜いた時

歯が抜けた穴を埋める

 

上顎

上顎洞とは、通称「サイナス」、または鼻腔ともつながっていることから「副鼻腔」とも呼ばれる上顎骨内部にある空洞です。そこには、インプラントを埋入するための骨がありません。再生療法後、インプラント埋入する必要があります。
歯が抜けると、骨が吸収し、インプラントを埋入するための骨量がありません。その場合は、再生療法(サイナスリフト)が必要となります。

 

再生療法(サイナスリフト)

再生療法(サイナスリフト)

上顎洞に骨造成

 

再生療法(サイナスリフト)

上顎洞に骨造成

 

下顎

下顎骨には下顎管と呼ばれる下顎骨内部を走る動・静脈管と神経の通路があります。下顎骨の下3分の1辺りをほぼ水平に走行して小臼歯の下辺りで急カーブを描いて終息します。
歯が抜けると、骨が吸収し、インプラントを埋入するための骨量がなくなります。
この下顎管に損傷を与えると知覚麻痺などが起こる場合があります。その為、下顎管を避けてインプラントを埋入する必要があります。
再生療法(GBR)が必要となります。

 

再生療法(GBR)

再生療法(GBR)

再生療法(GBR)

3D画像により骨量が増大したのが確認出来ます。

インプラントQ&A

インプラントの治療期間はどのくらいですか?

個人差はありますが、一般的に4ヶ月から6ヶ月程度です。インプラントを埋入する部位にもよりますので、担当医にご相談下さい。

インプラントの費用はどのくらいかかりますか?

インプラント治療は保険治療が行えません。
使用する本数や種類などによって異なりますので、詳しくは担当医にお尋ね下さい。

インプラント治療はだれでも受けられますか?

顎の骨が完成する20歳前後から、お年寄りまで健康な方であればどなたでも可能です。ただし、妊娠中の方や全身疾患のある方などは制限される場合がありますので、ご相談下さい。

一度入れたインプラントに寿命はありますか?

患者さんのお口の衛生状態によって変わりますが、きちんとお手入れをすれば長持ちしますし、逆に手入れが悪いと寿命が短くなる場合があります。長持ちさせるためには、しっかりとブラッシングし、医師による定期健診でチェック、指導してもらいましょう。

インプラント治療後、食べ物などの制限はありますか?

インプラントは顎の骨と結合し、丈夫な土台となりますので、自分の歯と同じように固いものでもしっかりと噛むことができますので、入れ歯のような制限はなくなります。

CONTACTご予約・お問い合わせ
092-581-0796
24時間受付 WEB予約