設備紹介

正確性・安全性を高める歯科用CT

正確性安全性を高める歯科用CT歯科医療において日常的に歯や顎骨などの硬組織に対する診査・診断に際しては、一般的に歯科用(デンタル)X線診査とパノラマX線診査が用いられてきましたが、これらの装置は2次元的画像で診査・診断に限界がありました。
近年歯科用CT(Computed Tomography)装置の発達で3次元的に診査・診断出来るようになり十分診断出来なかった事項をより詳細かつ正確に診断出来るようになりました。

CTでの診査・診断はインプラント治療のみならず歯内療法、歯周病、親知らず、顎関節症等に威力を発揮します。

根尖病変(根の先の病気)

  • 口腔内写真とデジタルXray写真(2次元) 口腔内写真とデジタルXray写真(2次元
  • CT 3D画像 CT 3D画像
  • CT 3D画像 CT画像(3次元)

3枚の写真、赤丸部分が根尖病変(根の先の病気)です。
根の先に膿がたまっています。
デンタルXray写真(2次元画像)では理解しづらい根の先の骨吸収がCT画像(3次元画像)により明瞭に認められ確実な診査・診断が出来、患者さんの理解も容易になり1つの目標に向かって歯科医と患者が一体となりスムーズに治療を進めることが出来ます。

 

歯周病

  • デジタルXray写真(2次元)デジタルXray写真(2次元)
  • CT 3D画像CT 3D画像
  • CT画像(3次元)CT画像(3次元)

3枚の写真、赤丸部分が歯周病により歯の周りの骨が吸収しているのが認められます。

インプラント

  • インプラント術前インプラント術前下顎(下アゴ)欠損部インプラント埋入手術前のCT断面画像です。
    骨幅と骨長を正確に測定出来ます。
  • インプラント術後インプラント術後インプラント埋入手術のCT断面画像です。 インプラントサイズを術前に決定しますので、安全、安心な手術が可能となりました。

親知らず

親知らずは下顎管(血液と神経の通路)に近接している為、抜歯は注意しておこなわなければなりません。
CT撮影をすることにより下顎管と歯の距離を正確に確認出来ます。

  • 口腔内写真とパノラマXray写真口腔内写真とパノラマXray写真
  • CT画像(3次元)CT画像(3次元)

院内感染予防へのこだわり

徹底した衛生管理

徹底した衛生管理スタッフ全員が手洗い、消毒を徹底し、患者さまごとのグローブの交換はもちろん、紙コップやエプロンは全て使い捨てのものを使用しています。

治療器具の滅菌、保管

治療に使用する器具は滅菌消毒をおこない、無菌状態でパックに入れて密封し保管をしており、使用する直前に開封します。

 

ハンドピース専用の洗浄機

滅菌機器歯を削る際に使用する治療器具(ハンドピース)は、唾液や血液が付着します。
外側だけでなく、ハンドピース内部の付着を滅菌するには専用の機器での洗浄が必要となります。

新型コロナウイルス感染防止対策

安心して歯科医院へご来院頂くために、常に院内感染予防対策に努めておりますが、新型コロナウイルス感染防止対策として下記対策も実施しております。
患者さまにはご理解ご協力の程何卒宜しくお願いします。

ご来院時について

  • アルコール消毒液を設置しておりますので、
    ご来院時に手指の消毒をお願いします。
  • 受付にて検温を行います。
    ※体温が37.5℃以上の場合は、
    ご来院をお控え頂けますようお願いしております。

院内環境について

  • 飛沫防止のため、受付全面にパーテーションカーテンを設置しました。
  • 3密を防ぐために待合室の椅子を減らしました。
    また、常に換気を行っています。
口腔外バキュームの設置
  • 当院では院内のすべてのユニット(診療台)に口腔外バキュームを設置しました。
    歯を削ったり、詰め物や被せ物を削る場合、目には見えない粉塵や有害物質が空気中に飛散します。口腔外バキュームを用いることによって、素早く吸収し、清潔な空間を保ちます。
CONTACTご予約・お問い合わせ
092-581-0796
24時間受付 WEB予約