審美的な治療

審美的な治療とは

審美的な治療とは従来、虫歯を治した後の詰めものやかぶせは、銀歯になってしまうのが常識でした。
前歯は保険でも白いかぶせものができましたが、白い部分がプラスチックの為に経年変化で黄色く変色したり、歯ぐきとの境目が黒い筋になって目立ってしまうことが多く、とても見苦しいものでした。
最近では、前歯はもちろん奥歯にも白い詰めものやかぶせものを求める方が増えてきています。
当院ではそのような患者さんの要望にお答えするために審美歯科治療にも力を入れて取り組んでおります。金属を使わない治療も可能ですのでアレルギーの心配も少なくなります。お気軽にご相談下さい。

補綴物の種類について

メタルボンド

歯全体にメタルをかぶせ、表面にセラミックを焼きつけて歯の白さを再現する方法です。
適用できる範囲が広く、変色歯はもちろんの事、大きさのふぞろいな歯、歯根部分だけしか残っていないような場合にまで対応可能で、見事に美しい歯が再生されます。
利点は、審美性の高いセラミック、耐久性の高いメタルの両方の長所を兼ね備えた治療法です。
欠点は、金属部分が溶け出し、歯ぐきに着色して、灰色になる場合があります。

 

オールセラミッククラウン

歯の全面にセラミック製のクラウン(冠)をかぶせ、しっかりと固定する方法です。
削った歯の型をとり、その歯型によってセラミックで製作したクラウンを合わせて、歯の色や形、歯並びなどの審美的要素をバランス良く修復し改善するものです。
セラミックの持つ特殊な材質を十分に生かし、本来の健康な歯と同じかそれ以上の色や形を再現しますので、きわめて審美的効果が高い方法と言えます。
この治療の適応性は、位置がずれている歯、変色している歯、重度の虫歯、奇形歯、金属アレルギーの人などです。
また、この治療の利点は、金属を全く使用しないので、金属アレルギーの方にも安心して受けることが出来ること。そして自然歯のような仕上がりになる事も上げられます。
欠点としては、歯を大幅に削る必要があったり、あらかじめ神経の処置が必要になる場合があります。

 

ラミネートべニアクラウン

セラミックラミネートべニアクラウン

歯の表面だけを薄く削り、シェル状のセラミックを張り付けて審美的修復を行う治療法です。削る量がわずかなので、身体に優しい治療法です。セラミック製のラミネートベニアなので、変色せず、審美性にも優れています。

 

ハイブリッドラミネートべニアクラウン

セラミック粒子とレジン(プラスチック)を混ぜたラミネートベニアです。セラミックラミネートベニアと比較すると色調は多少劣ります

ホワイトニング

オフィスホワイトニング

クリニックにて、歯科医師が施術する方法です。歯に薬剤を塗ってレーザーや光を当てることで歯を白くします。すぐに効果が得られますが、後戻りも早い場合があります。
※現在当院ではホームホワイトニングを取り扱っております。

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング歯科医師の指導のもと、自宅でマウスピースと薬剤を使用して行う方法です。通院回数が少なく手軽ですが、効果が現れるまでには時間がかかります。

ウォーキングブリーチ法

ウォーキングブリーチ法とは、歯の根の治療を行った後に歯の表面が変色した場合、歯の内部(象牙質)に漂白剤を注入し、歯を白くする方法です。この方法は以前まで保険が適用されていましたが、平成18年4月から保険適用外となりました。

ホワイトニングQ&A

歯が白くなるのに、どのくらいの期間が必要ですか?

ホワイトニングQ&A状態によって個人差がありますが、通常は数日後に効果が現れはじめ、2週間程で効果がはっきりでます。(ホームホワイトニングの場合)

効果はどのくらい持続しますか?

約2年から3年で後戻りします。ただし、カフェインやタバコ、赤ワイン、ミートソース、カレーなど着色の強い物、歯磨きの仕方によって違いがあります。

CONTACTご予約・お問い合わせ
092-581-0796
24時間受付 WEB予約