入れ歯

欠損治療について

事故で歯を失ったり、虫歯や歯周病などで、やむを得ず抜歯する必要がある場合、失った咀嚼機能や外観を取り戻す必要があります。
かさい歯科医院では、いくつかの治療法をご用意しており、あなたにあった最良の治療を提供することを心がけております。

歯を失った場合の治療法について

歯を失った場合の治療法、ブリッジ、義歯、インプラント。それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

治療法 メリット デメリット
ブリッジブリッジ
  • 保険が適応できるため、安価。
  • 固定式のため、比較的違和感がない。
  • 部分入れ歯と比較し、自然な外観を維持しやすい。
  • 失った歯の隣にある健全な歯を削って、ブリッジの支台歯にしなければならない。
  • 見た目は美しく修復できるが、結果的には1本の歯を修復するために健全な2本の歯を削ることになる。
入れ歯(義歯)入れ歯(義歯)
  • 保険が適応できるため、安価。
  • 治療が比較的、短期間で済む。
  • ブリッジやインプラントと比較し、自然な外観を維持しにくい。
  • 取り外し式のため安定感がなく、物を食べるときに違和感がある場合がある。
  • 装着時、違和感がある。
  • 健全な歯に入れ歯のバネを引っかけるため、歯に負担が大きく加わり、それらの歯が悪くなっていく傾向がある。
  • ブリッジやインプラントと比較し、自然な外観を維持しにくい。
インプラントインプラント
  • 噛む力が天然の歯に比べ違和感がほとんど無いぐらいまでに回復する。
  • 審美性に優れており、天然歯とほとんど区別がつかない。
  • インプラントはそれ自体で顎の骨に埋め込んでいるので、両隣の歯を削って支える必要がない。
  • インプラントは健康保険の適用外なので、比較的費用がかかる。
  • インプラントを顎の骨に埋め込むための手術が必要。
  • 全身疾患がある場合には治療できない場合がある。

マグネット式義歯をご存知ですか?

マグネット式義歯をご存知ですか?残っている自分の歯の根に磁性金属を埋め込み、入れ歯側に超小型磁石を取り付け、磁力によりピッタリ吸着させます。
残っている自分の歯が少ない場合は人工歯根(インプラント)を埋入し、そこに磁性金属を埋め込み、歯根の本数を増やし、補強します。金属製の留め具もないので、見ためにもきれいです。

  • マグネット式義歯をご存知ですか?
  • マグネット式義歯をご存知ですか?
CONTACTご予約・お問い合わせ
092-581-0796
24時間受付 WEB予約