ご予約

住所 〒812-0882 福岡県福岡市博多区麦野1-29-8
ホームアクセス当院のご案内医師の紹介お知らせ

歯科用CTの必要性

福岡市/博多区/歯科/歯医者/かさい歯科医院

トップページ»  歯科用CTの必要性

雑餉隈駅のかさい歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

左記のQRコードを読み込んでいただくと携帯サイトがご覧になれます。

当院のインプラント治療は10年保障の認定を受けています。

歯科用CTとは

デンタルX線(2次元)から歯科用CT(3次元)へ

歯科用CT

歯科用CT

歯科医療において日常的に歯や顎骨などの硬組織に対する診査・診断に際しては、一般的に歯科用(デンタル)X線診査とパノラマX線診査が用いられてきました。

これらの装置は2次元的画像で診査・診断に限界がありました。
近年歯科用CT(Computed Tomography)装置の発達で3次元的に診査・診断出来るようになり十分診断出来なかった事項をより詳細かつ正確に診断出来るようになりました。

CTでの診査・診断はインプラント治療のみならず歯内療法、歯周病、親知らず、顎関節症等に威力を発揮します。

デンタルCTパワー

正確性・安全性を高める歯科用CTは今後ますます必要性を増していきます。

下の動画は歯科用CTで撮影した実際の画像です。治療前に内蔵のソフトウェアを使用し、詳しく説明します。

「3Dボリュームレンダリング(立体画像)による診査」 (動画再生時間 2:11)

【00:00:00~00:00:22】
左下の画面で患歯を3次元的に写し出す為の操作をします。

【00:00:23~00:00:27】
左下の画面で歯の根の先に黒く丸いところが根尖病変です。

【00:00:28~00:00:41】
3次元的画像の拡大です、矢印で示しているところが根尖病変で歯の周囲の骨が吸収しているのが認められます。

【00:00:44~00:02:11】
3D画像です。この画面により歯の根の先の骨が吸収している状態が十分確認出来ます。
またボリュームレンダリング操作により根尖病変の状態もリアルに表示出来、病変に対して患者さんの理解度も増してインフォームドコンセントが確立されスムーズに治療へと移行出来ます。

歯科用CTの有用性

インプラント治療のみならず、歯内療法、歯周病、親知らずなどの診断に非常に有効な歯科用CT。

根尖病変(根の先の病気)
根尖病変(根の先の病気):口腔内写真とデジタルXray写真(2次元) 根尖病変(根の先の病気):CT 3D画像
口腔内写真とデジタルXray写真(2次元) CT 3D画像
根尖病変(根の先の病気):CT画像(3次元) CT画像(3次元)

3枚の写真赤丸部分が根尖病変(根の先の病気)です。
根の先に膿がたまっています。

デンタルXray写真(2次元画像)では理解しづらい根の先の骨吸収がCT画像(3次元画像)により明瞭に認められ確実な診査・診断が出来、患者さんの理解も容易になり1つの目標に向かって歯科医と患者が一体となりスムーズに治療を進めることが出来ます。


インプラント
術前
alt=インプラント 術前:CT画像(3次元)インプラント 術前:CT画像(3次元)

CT画像(3次元)

下顎(下アゴ)欠損部インプラント埋入手術前のCT断面画像です。
骨幅と骨長を正確に測定出来、正確なインプラントサイズを術前に決定しますので
より安全、安心な手術が可能となりました。

術後
インプラント 術後:CT画像(3次元)

CT画像(3次元)

インプラント埋入手術のCT断面画像です。
正確なインプラントサイズを術前に決定しますのでより安全、安心な手術が可能となりました。


歯周病
歯周病:デジタルXray写真(2次元)

デジタルXray写真(2次元)

歯周病:CT 3D画像

CT 3D画像

CT画像(3次元)  
歯周病:CT画像(3次元)

3枚の写真、赤丸部分が歯周病により歯の周りの骨が吸収しているのが認められます。


親知らず
親知らず:口腔内写真とパノラマXray写真(2次元)

口腔内写真とパノラマXray写真(2次元)

親知らず:CT画像(3次元)

CT画像(3次元)

親知らずは下顎管(血液と神経の通路)に近接している為、抜歯は注意しておこなわなければなりません。
CT撮影をすることにより下顎管と歯の距離を正確に確認出来ます。

歯科用CTのQ&A

歯科用CTを使用することで治療費は上がるのですか?
基本料金は変わりませんが、CT撮影料は別途必要になります。
被爆量はレントゲンと比べてどの程度なのですか?
歯科用CTは医科用CTの200分の1程度となります。
治療前に治療計画を動画で見せて頂けるようですが、その動画データを頂くことはできますか?
動画データのご提供は行っておりません。
ただし、静止画をプリントアウトしてお渡しすることは可能です。
CT検査は歯周病にも有効とのことですが、どういった効果が期待できるのですか?
従来の2次元画像のレントゲンよりも、術者は診査・診断しやすくなり、患者さんはよりわかりやすい説明を受けることが可能になりました。
歯科医師と患者さんがひとつの目標に向かい、情報を共有することで、スムーズな治療が行えます。
治療経過が見えやすくなったことは両者において、大きなメリットと言えます。
インプラント治療メインテナンス時にも歯科用CTで撮影されるのですか?その際の費用はどのくらい異なりますか?
術前の診査・診断のための撮影料の3分の1程度です。
pagetop